三菱が大変なことになりましたね

リコール隠しを消費者は重く受け止めます

三菱自動車がとんでもないことになっていますね。まえの不祥事発覚の時には4車種だけだったとのことでしたが、調査の結果ではなんと他の車種にも燃費の計算をする際に不正があったとの事です。

 

 

しかもほぼ全車種にとのことでしたので、その悪質性も際立ちました。しかし、おかしなことに上層部の人達はまったく知らず、現場の判断で行われていたとの事ですが、はたしてそんなことがあるのでしょうか?

 

 

この不正が最近ならまだいいのですが、なんと25年以上も行われていたとなると、そんな長期間に全く誰も不正に気が付かなかったなんてことがあるのかと思うと絶対に違いますよね。

 

 

 

結局今回の不正では御三家と言われる他の三菱グループからの援助はないみたいで、日産に援助されることになりましたね。

 

 

経営統合とはいっても、日産側が力を持つ事になるでしょう。三菱自動車自体がなくなるわけではないのですが、これだけで事態が収束する訳ではないですよね。この対象となっている車を購入している人に対してどんな保証があるかもまだ分かっていませんし、燃費が規定に満たしていなかったたので不足分の税金も未払いとなっているため、そういった金額を合わせるとかなりの額になりますよね。

 

 

リコール隠しなど様々な不正があり、ようやくそういった体質が改善されたかに思われてきたのに、こうした不正が発覚してしまうと、またしばらくの間は消費者からも不審の目で見られるでしょう。

 

 

 

可愛そうなのは現場の人達です。ディーラーの人達はこういった不正を知らずに販売していたため、真っ先に文句を言われてしまいますよね。

 

 

 

人によっては罵声を浴びせられてしまう事も有るとか・・・・上層部の不祥事なのに、その人達は現場では謝る事もなくカメラの前で頭を下げているだけでいいから気が楽ですよね。なんにせよ、今後良い車が出たとしても、三菱で買おうとは思いません。

 

 

 

何度も不祥事を繰り返しているため、今後も不正がないなんて思えません。安全性に問題ないとはいっても、購入理由の第一位ともいわれている燃費性能の不正はやはりよくないですよね。